ドイツ語 マスター 短期間

ドイツ語を短期間でマスターする


レーゲンスブルク大聖堂
Dom zu Regensuburg


ドイツ語を短期間でマスターしたい! 

こう願っている人がいるかもしれません。

「ドイツ語をマスターする」とは曖昧な言い方ですが、 そもそも外国語をマスターすると言う意味はどういうことでしょうか?

明確な基準はなく、たどたどしく外国語を話す人でも、知らない人から見れば、「あの人は◯◯語ぺらぺらだ」と安易に表現されたりします。

美術大学の修学旅行でイタリアに行った妹は、直前にレストランのメニューについてちょっと調べて行ったおかげで、イタリアのレストランの注文が難なくできたため、同行のクラスメートたちからは「イタリア語の達人」と崇められたそうです。

日常会話でいえば英会話なら日本の中学校2年生までの勉強で8割はカバーできると言われていますね。

つまり英語の場合で言えば、高校受験のために学習する難しい英語ではなく、それ以前のレベルで日常英会話は十分にできるということになりますね。

仮にその中学2年生の英語の学力で日常英会話をやり取りできるようになること、それを英会話をマスターしている状態とするなら。

それと同じようなレベルまでにドイツ語を引き上げようとするなら、やはり同じく通常は2年くらいはかかるでしょう。


ドイツ語に2年もかけられない!


できるだけドイツ語を短期間でマスターしたい。

差し迫った理由で、そんな状況にある人には良い情報です!


マスターするということを中学2年生レベルの英語の学力で考えるなら。

ドイツ語を普通に勉強するよりは劇的に効率的な方法があります。
すでにあなたが中学2年生程度の英語の学力があるなら、実はドイツ語は英語の10倍の速度で学習することが可能です。


ドイツ語なら76日程度で、会話をマスターすることができます。

できることなら、ドイツ語入門書との相性に左右されずに、数十はある学習教材のうち、あなたの目的にあった、選ぶべき一つの学習方法にすぐに取り組めれば、ドイツ語の学習は超効率的になり素晴らしいと思いませんか?

ドイツ語の学習では様々な入門書等を渡り歩き、「試しては次」を繰り返した結果、ようやく最後まで付き合える一冊に巡り会えたという経験がありますが、できるならばそんな最初の厄介な過程はスキップしたいですよね。何しろ時間がないのですから...

そういった試行錯誤を経験をした私や、同じような仲間たちが、羨ましく思ってしまうほどの斬新かつ革新的とも言えるドイツ語の攻略法が登場しています。

こんなドイツ語教材があればと、多くのドイツ語学習者が感じていたかもしれない、あの方法です。


これからドイツ語をはじめようとする人には大きなアドバンテージとなることは確実です。

ドイツ語を知らなければ知らないほど、ドイツ語がよく身につく!

わずか76日でドイツ語をマスターした方法


※当サイト経由で『革新的ドイツ語攻略法』を公式HPより注文された場合、
特典として「初級ドイツ語なんでもメールサポート」をお付けします。
ドイツ語でつまずいた時に役に立つ、あなたのドイツ語学習を加速させるために本気のメールサポートです。
カバーできる学習範囲はドイツ語検定3級、大学入試センター試験程度になります。

ドイツ語マスターのための短期間学習法のヒント


レーゲンスブルクの街並

ドイツ語を短期間でマスターしたい。

そのためには「革新的ドイツ語攻略法」が強い味方です。


ドイツ語を趣味ではじめる時には、何かきっかけになるものがあってドイツ語に魅力を感じているはずです。文学や音楽、世界遺産、サッカーなど分野は様々でしょうが、ドイツ語の持つ独特の雰囲気に自分の興味は更に深められたりします。そんな人にはドイツ語を入門からはじめるのが楽しく、厄介な格変化や自制ももなんとか乗り切りながら学習を進めていくことができるでしょう。参考書類はいきなり分厚いものをはじめるよりは、簡単な出来るだけ薄いものから、ドイツ語の学習を遍歴してゆくのがおすすめです。どんな入門書であれ1冊をます読破することは大きな自信に繋がります。徐々にステップアップしてゆく過程は喜びでもあり、実力もついて行くことが感じられることでしょう。

一方、ドイツ語を必要に迫られて早急に短期間で習得しなければならない状況に置かれたなら、そんな悠長なことは言っていられませんよね。英語ならなんとかなるかもしれないけど、ドイツ語は珍糞漢糞(チンプンカンプン)。どうにもならない...

そんな場合には、そのなんとかなりそうな英語の知識を、ドイツ語に変換してしまう学習法があります。単語だけの問題なら、英語とドイツ語の語彙をグループ別に分けたものは何冊かありますが、それだけ買って呼んでもドイツ語を話すことはできませんし、少し重たい感じで反って自信をなくしてしまうかもしれません。ドイツ語の単語を一気に脳内で覚醒させ、ドイツ語の難しい文法を学ばずにドイツ語をマスターすることが可能ならばあなたの目的は最短距離で達成できるでしょう。

ドイツ語を10倍速で攻略する学習システム『革新的ドイツ語攻略法』


ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語に共通する事柄が多いことに驚かされます。ドイツ語由来の言葉には、日本語に外来した後に独自の意味をもって進化して、本来のドイツ語とは意義的にズレてしまった単語もあリます。代表的なのがアルバイト(正職)、ボンベ(爆弾)などですが、アルバイトは最近ではバイトと略されるのが慣例ですが、アルバイトはもともとドイツ語の「仕事」「働く」を意味する、Arbeit arbeiten から日本語になったものです。つまりバイトではなく本業のことになります。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトとはもちろん言いません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。奇妙な現象ですね!Komisch! ドイツ語をはじめようとするには、思惑的に中学校からの英語とは違い、何か自主的な理由がありますよね。

ドイツ語の発音は日本人にとって簡単で、また日本語の発音もドイツ人にとって簡単という繋がりがあります。語順的にもドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は出掛けない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は〜しない。」という場合の否定詞がドイツ語と日本語では最後に置かれると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものがあると言いましたが、ガスボンベもドイツ語ではガス爆弾という意味になるのですが、日本の家庭にはそんな物騒なものはありませんよね。ドイツ語ではガスタンクが適切ですが、家庭用のガスボンベ(カセット式)はガスカートリッジというのが正解だと思います。

このドイツ語のガスボンベでに関しては笑い話があります。といっても私の体験談なので作り話ではありません。音楽マネージャーをやっていた私はドイツ、レーゲンスルクの少年合唱団(Regensburger Domspatzen)を初来日、二度目の来日公演のツアー・ハンドリングをしたのですが、その時にタクシーのトランクルームにあるガスタンクを何かと質問されたのですが、そのときに「日本のタクシーは燃料がガスで、それは燃料用のガスボンベです。」のようなことを口走ってしまいました。説明は理解はされましたが、ガスボンベの表現に「ガスボンベ!」と笑われてしまいました。

ドイツ語と日本語は母音がだいたい一緒なので、発音はお互いにし易いようです。ドイツ語は英語とは同族の言語であると感じることは多くありますが、実は日本語的な要素が多いと感じる部分も多いのです。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。日本でも江戸っ子の「べらんめえ調」というのがあってそのラ行のおとは巻き舌ですよね!

ドイツ語をはじめるきっかけは、人により様々だと思います。最近では世界遺産が多い地域として注目を浴びたりしていますが、ドイツ哲学やドイツ文学に魅せられて、原語で是非その文献を読みたいと思う人も多いようです。ドイツ語圏はドイツとハプスブルク家のオーストリア、チューリッヒ、ベルンなどを含むスイス、リヒテンシュタイン、ルクセンブルクの一部に渡ります。

アカデミックな言語として綴にも独自の文字を使うなど特徴あるドイツ語ですが。近年新書法という、コンピュータへの対応も見越したスペリングの改革が行われました。これは往年のドイツ語の文学的芳香を消し去るもので到底受け入れがたいとの意見が多数ですが、IT時代の流れに押し切られてしまうのも、生きた言語としての宿命なので受け入れざるをえない事実です。

ドイツ語はもともと学術的な言葉として日本には定着しています、また医学用語も多く、昔は病院のカルテはすべてドイツ語で書かれていました、だから医学生には必修の言葉だったのです。最近では英語が主流になりつつあるようです。


「革新的ドイツ語攻略法」ならドイツ語を短期間でマスターできます。

中学2年生程度の英語の知識を、脳内でドイツ語に10倍速で変換する革新的な方法!

革新的ドイツ語攻略法〜わずか76日でドイツ語をマスターする!


レーゲンスブルク Regensuburg

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができるかもしれません。ミュンヘンはバイエルン州の州都で、ビールの町としても有名です。毎年10月に開催されるオクトーバーフェストというビール祭りが有名ですね。バイエルンはかつてバイエルン王国として独立した国家で、現在は連邦制のドイツに組み込まれています。バイエルンは英語ではバーバリア(Bavaria)となります。バイエルン放送交響楽団 Bayerishcer Rundfunk-sinfonie-orchester が英語ではバーバリアン・ラジオ・シンフォニー・オーケストラ Bavarian Radio Symphony Orchestraとちょっと勇ましくなります。

ドイツの小都市で訪れてみたいのはレーゲンスブルク、「雨の要塞」という名前のこの南ドイツの町は、「大聖堂の雀達」Regensuburger Domspatzen 呼ばれる少年聖歌隊が世界的に有名で、かつてこの聖歌隊を長年率いて世界レベルに押し上げたのが、ゲオルグ・ラツィンガー卿です。第265代ローマ教皇ベネディクト16世であるヨーゼフ・ラツィンガー枢機卿の実兄であるようです。兄弟とも縁の深いレーゲンスブルク大学もドイツでは数少ない大学Universitatの一つとして数えられているようです。ドイツにはUniと呼ばれる総合大学はかつて18しかありませんでした。日本とは大違いですね。

ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、リューベックの中央駅から音楽院へ向かう途中に偶然通りかかった、ヨーロッパ通貨統合前の旧50ドイツマルク札に描かれていたホルスタイン門があります。 Holstein Tor

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きの代表的作曲家です。作品を仕上げるの推敲に推敲を重ね数年かけて大作を書き上げるというスタンスをとっていました。作品数は少ないですがブラームスの作品はどの分野でも傑作(Misterstuck)を残しています。「ドイツ・レクイエム」とブラームスの代表作があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。この作品の原題は Ein deutsches Requiem と言って日本語では「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているような性格ものではなく、ブラームスの作曲意図からしても「ある一つのドイツ語のレクイエム」というポッツリ感を出したほうが作曲者の本来の遺志に近いような気がします。モーツアルトのレクイエムの「モツレク」に呼応して、この作品は「ドツレク」と略されることもあります。

ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「「車輪の下」等があります。水彩画を思わせるような作風を感じさせる作品が多いですが、晩年はナチスドイツの台頭の時代にかさなり弾圧を受けたりもしました。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、OPELの本拠地でもあるドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。その後岡崎はブンデスリーガの1.FSVマインツ05を経て、2015年イングランドのプレミアリーグ・レスター・シティFCに移籍、リーグ降格の危機にあったこのチームの2015・16シーズン「奇跡の優勝」の一員として貢献しています。岡崎の活躍もドイツ・ブンデスリーガの土壌で培われたものが生きているように思います。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。


レーゲンスブルク大聖堂の尖塔
Dom zu Regensuburg




小ベニスとも呼ばれるレーゲンスブルク
Kanal Regensburg

 

サイトマップ